コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝吹登水子 あさぶき とみこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝吹登水子 あさぶき-とみこ

1917-2005 昭和後期-平成時代の小説家,翻訳家。
大正6年2月27日生まれ。朝吹常吉朝吹磯子の娘。朝吹三吉朝吹四郎の妹。戦前,戦後とパリ大などに留学をかさね,フランス文化にしたしむ。サガン悲しみよこんにちは」,ボーボワール娘時代」などの翻訳,紹介で知られた。平成12年フランスのレジオン-ドヌール勲章を受章。平成17年9月2日死去。88歳。東京出身。女子学習院中退。本名は登水。著作はほかに自伝的小説「愛のむこう側」,エッセイ「パリの男たち」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝吹登水子の関連キーワード日下部知世子ボーボアール朝吹真理子假屋崎省吾朝吹 英一石井 好子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝吹登水子の関連情報