朝吹磯子(読み)あさぶき いそこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝吹磯子 あさぶき-いそこ

1889-1985 大正-昭和時代の歌人,テニス選手。
明治22年10月8日生まれ。長岡外史の長女。朝吹常吉の妻。佐佐木信綱(のぶつな)の竹柏(ちくはく)会にはいる。藤波会会員,「心の花」同人,十一日会会長として活躍。大正15年全関東庭球選手権大会の女子シングルス,同ダブルスで優勝。日本女子テニス界の草分け。昭和60年2月15日死去。95歳。宮城県出身。歌集に「蒼樹」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android