コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝寝坊夢羅久 あさねぼうむらく

大辞林 第三版の解説

あさねぼうむらく【朝寝坊夢羅久】

(初代)(1777~1831) 江戸末期の落語家。江戸の人。俗称、里見晋兵衛。初世三笑亭可楽の門人。浄瑠璃太夫の体験を生かし、人情噺ばなしの祖とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あさねぼうむらく【朝寝坊夢羅久】

1777‐1831(安永6‐天保2)
落語家。人情噺の祖。俗称里見晋兵衛。麻布一口坂に生まれ,質屋奉公ののち,豊竹宮戸太夫門下になり,戸志太夫という浄瑠璃語りになった。1803年(享和3),初代三笑亭可楽に入門し,流俗亭玖蝶(きゆうちよう)から三笑亭夢楽(むらく)となり,自作の人情噺で人気を得たが,無断で夢羅久と改名して師匠と不和になって朝寝坊と号した。のち烏亭焉馬(うていえんば)門に入り,笑語楼(しようごろう)夢羅久と称した。【興津 要】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

朝寝坊夢羅久の関連キーワード朝寝坊夢羅久(初代)三笑亭可楽(初代)三笑亭夢楽(初代)浄瑠璃太夫門人夢楽