朝山 新一(読み)アサヤマ シンイチ

20世紀日本人名事典の解説

朝山 新一
アサヤマ シンイチ

昭和期の発生学者,性科学者 大阪市立大学名誉教授。



生年
明治41(1908)年1月18日

没年
昭和53(1978)年11月7日

出生地
京都市

学歴〔年〕
京都帝国大学動物学科〔昭和9年〕卒,京都帝国大学大学院動物学科修了

主な受賞名〔年〕
国際性学賞(第1回)〔昭和54年〕

経歴
昭和16年満洲農大、新京医科大学教授。敗戦で帰国後、22年神戸経済大予科教授、24年大阪市大理学部教授。この間、動物学者山本宣治の著作などを通じ、一時中断した性発生学を進め、大学生を対象にした「青年期における性的な発達と性行動」をまとめた。これがアメリカの性科学者A・C・キンゼイの目にとまり、米国の性科学会の会員ともなった。46年大阪市大名誉教授。47年財団法人日本性教育協会が発足、50年総理府からの依頼で「青少年の性行動ーわが国の高校生・大学生に関する調査報告」をまとめた。死去の翌54年メキシコで開かれた第4回国際性学会議で、キンゼイ博士とともに初の国際性学賞を受賞した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

朝山 新一 (あさやま しんいち)

生年月日:1908年1月18日
昭和時代の性学;発生生物学。大阪市立大学教授
1978年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android