コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝日奈知泉 あさひなちせん

1件 の用語解説(朝日奈知泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝日奈知泉
あさひなちせん

[生]文久2(1862).4.25. 水戸
[没]1939.5.22. 東京
ジャーナリスト東京大学法科在学中から長州閥系の『東京新報』で政治評論の筆をふるった。 1892年同紙の廃刊とともに『東京日日新聞』に移り,社長伊東巳代治のもとで主筆をつとめ,長州閥のスポークスマンとして,条約改正遼東半島還付問題などで政府の意向を代弁した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日奈知泉の関連キーワード林甕雄王克三花山院家厚村上華雲藤森紫僊西大路隆枝山本季護宗七(5代)水野忠誠武士心

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone