コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝日奈知泉 あさひなちせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝日奈知泉
あさひなちせん

[生]文久2(1862).4.25. 水戸
[没]1939.5.22. 東京
ジャーナリスト。東京大学法科在学中から長州閥系の『東京新報』で政治評論の筆をふるった。 1892年同紙の廃刊とともに『東京日日新聞』に移り,社長伊東巳代治のもとで主筆をつとめ,長州閥のスポークスマンとして,条約改正や遼東半島還付問題などで政府の意向を代弁した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日奈知泉の関連キーワードコラムニスト

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android