朝比奈文淵(読み)あさひな ぶんえん

  • 朝比奈文淵 あさひな-ぶんえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-1734 江戸時代中期の儒者。
荻生徂徠(おぎゅう-そらい)にまなぶ。尾張(おわり)名古屋藩につかえ,享保(きょうほう)4年同門の木下蘭皐(らんこう)とともに朝鮮通信使と筆談し,書をたたえられた。蘭皐編の「客館璀粲(かっかんさいさん)集」はその詩文筆録をまとめたもの。5年右筆(ゆうひつ)となる。享保19年1月12日死去。は別に晁(ちょう)。字(あざな)は涵徳。通称は甚左衛門。号は玄洲,玉壺。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android