コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下蘭皐 きのした らんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下蘭皐 きのした-らんこう

1681-1752 江戸時代中期の儒者。
天和(てんな)元年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。岡島冠山(かんざん)に華音(中国語)を,荻生徂徠(おぎゅう-そらい)に儒学をまなぶ。享保(きょうほう)4年朝鮮通信使の接待にあたって華音の才能を発揮し,名をあげた。宝暦2年8月6日死去。72歳。名は実聞。字(あざな)は公達,希声。通称は宇左衛門。別号に玉壺真人。詩文集に「玉壺詩稿」,編著に「客館璀粲(さいさん)集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木下蘭皐の関連キーワード朝比奈文淵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android