朝比奈水軒(読み)あさひな すいけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝比奈水軒 あさひな-すいけん

?-1664 江戸時代前期の武士。
紀伊(きい)和歌山藩士。寛永(1624-44)のころ藩主徳川頼宣(よりのぶ)の命で和歌山西浜に延長約1.6kmの防波堤を13年間かけてきずき,水軒堤防とよばれる。堤防には松をうえて防潮林を造成した。寛文4年死去。通称は段右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android