コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝比奈水軒 あさひな すいけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝比奈水軒 あさひな-すいけん

?-1664 江戸時代前期の武士。
紀伊(きい)和歌山藩士。寛永(1624-44)のころ藩主徳川頼宣(よりのぶ)の命で和歌山西浜に延長約1.6kmの防波堤を13年間かけてきずき,水軒堤防とよばれる。堤防には松をうえて防潮林を造成した。寛文4年死去。通称は段右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝比奈水軒の関連キーワード総合年表(アメリカ)工藤治兵衛南部重直秋田藩水野十郎左衛門ニコルズモリエール勘定組頭斯波園女スルバラン

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android