コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝比奈水軒 あさひな すいけん

1件 の用語解説(朝比奈水軒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝比奈水軒 あさひな-すいけん

?-1664 江戸時代前期の武士。
紀伊(きい)和歌山藩士。寛永(1624-44)のころ藩主徳川頼宣(よりのぶ)の命で和歌山西浜に延長約1.6kmの防波堤を13年間かけてきずき,水軒堤防とよばれる。堤防には松をうえて防潮林を造成した。寛文4年死去。通称は段右衛門。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝比奈水軒の関連キーワード工藤治兵衛南部重直秋田藩国包斯波園女銭謙益建部賢弘トラピスト鳥居清信ニューヨーク州

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone