コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防潮林 ぼうちょうりんtidewater control forest

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

防潮林
ぼうちょうりん
tidewater control forest

津波の被害を防止するために造成した防災林の一種。潮害防備林ともいう。防潮林は防潮堤防とともに津波の被害を軽くする有効な手段で,海上からの流入物と陸地からの流出を阻止し,林木の抵抗によって津波の破壊力を弱め,高波による土壌の浸食を軽くする。林帯の幅は少くとも 40mは必要で,70m以上が望ましい。防潮林には一般にクロマツアカマツが利用され,林帯の前縁部には低木を密生させれば効果が大きい。防潮林はまた潮風の害を防ぐ目的にも使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

防潮林【ぼうちょうりん】

正しくは潮害防備林。保安林の一つ。海岸で潮風,潮水,津波などの害を防止するための森林。主林木としてはクロマツ,アカマツが最も適し,副林木としては,イブキネズミサシウバメガシマサキなどが適する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうちょうりん【防潮林】

潮風や津波・高潮などの被害を防ぐために設けた林。クロマツ・イヌマキなどを植える。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

防潮林の関連キーワードハスノハギリ美浜[町]朝比奈水軒モンパノキ西之表市千本松原煙樹ヶ浜広村堤防高田松原煙樹海岸ハマボウ蓮葉桐入野浜治山塩害

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android