防潮林(読み)ぼうちょうりん(英語表記)tidewater control forest

  • ぼうちょうりん バウテウ‥
  • ぼうちょうりん〔バウテウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津波の被を防止するために造成した防災林一種潮害防備林ともいう。防潮林は防潮堤防とともに津波の被害を軽くする有効な手段で,海上からの流入物と陸地からの流出を阻止し,林木の抵抗によって津波の破壊力を弱め,高波による土壌浸食を軽くする。林帯の幅は少くとも 40mは必要で,70m以上が望ましい。防潮林には一般にクロマツアカマツが利用され,林帯の前縁部には低木を密生させれば効果が大きい。防潮林はまた潮風の害を防ぐ目的にも使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

正しくは潮害防備林。保安林の一つ。海岸で潮風,潮水,津波などの害を防止するための森林。主林木としてはクロマツ,アカマツが最も適し,副林木としては,イブキネズミサシ,ウバメガシ,マサキなどが適する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 潮風や津波などによる災害を防ぐために、海岸近くに設けるクロマツ、イヌマキなどの林。〔産業と気象(1950)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android