朝衣(読み)ちょうい

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐い テウ‥【朝衣】

〘名〙 官人が朝廷に出仕するときに着る衣服。朝服。
※続日本後紀‐承和元年(834)二月甲午「弘仁年中世風奢麗、王公貴人頗好鮮衣、親王独至夏日、朝衣再三澣濯」 〔史記‐司馬相如伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android