コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣冠 いかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衣冠
いかん

平安時代後期に始った男子の最高の礼装である束帯略装の一形式。もと,昼装束 (ひのしょうぞく) たる束帯に対して,衣宿直装束 (とのいしょうぞく) として用いられたが,のち,皇族,公家,上位の武家が参内の際に用いるようになった。冠に束帯の縫腋 (ほうえきのほう) を着,指貫 (さしぬき) をはく。また石帯代りに腰帯を締め,を扇に代えて下襲 (したがさね) や大口を省くので (きょ) はない。近世以降は指貫の代りに指袴 (さしこ) も用いられ,神官などが神拝や儀式のとき着用する衣冠は単を着て笏を持った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

い‐かん〔‐クワン〕【衣冠】

衣服と冠(かんむり)。
衣冠をつけた人。天子・皇帝に仕えている人。
束帯よりも略式の装束。束帯から下襲(したがさね)石帯(せきたい)をはずし、表袴(うえのはかま)指貫(さしぬき)にかえる。平安時代宿直装束(とのいそうぞく)として用いたが、後世は参朝などのときにも着用した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

衣冠【いかん】

束帯に次ぐ公家男子の礼装。束帯構成のうち表袴(うえのはかま),大口袴指貫(さしぬき),下袴にかえ,石帯(せきたい),半臂(はんぴ),下襲(したがさね),(あこめ)などを省いたもの。
→関連項目装束礼服

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いかん【衣冠】

平安中期(10世紀後半)以後,宮中で正装に準じて着用された略式の装束。奈良時代や平安初期の朝廷では朝服を着用していたが(《衣服令》),平安中期になると,朝服から束帯(そくたい)が成立,発展し,これが正装となった。束帯は,(ほう),表袴(うえのはかま),大口袴(おおくちのはかま),石帯(せきたい),それに半臂(はんぴ),下襲(したがさね),(あこめ),(ひとえ)などで構成されていた。しかし庭上の立礼のような場合にはこの正装で厳重に威儀を正して動作できたものの,やがて寝殿造の様式が整備され,殿舎の殿上ですわったり,たちあがったり,また身軽な事務的な活動をするようになると,束帯は不便であるため,この束帯から表袴,大口袴を,指貫(さしぬき)の袴,下袴にかえ,石帯を略して腰帯(ようたい)をつけ,半臂,下襲,衵などを省いたものが,衣冠となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いかん【衣冠】

衣服と冠。服装。 「 -を正す」
平安中期以降、束帯に次ぐ正装。束帯から下襲したがさねと石帯をはぶき、表袴うえのはかまと指貫さしぬきにかえた活動的な服装で、文官・武官の別なく広く用いられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

衣冠
いかん

公家(くげ)男子の服装の一種。天皇は用いないが、平安時代以来の準正装で、束帯の略装として用いられた。束帯が昼(ひ)の装束といわれるのに対して、衣冠は宿直(とのい)装束ともいわれる。鎌倉時代になると、宮中出仕のときにも用いられるようになった。その構成は束帯より半臂(はんぴ)、下襲(したがさね)、石帯(せきたい)を省き、表袴(うえのはかま)のかわりに指貫(さしぬき)をはく形式で、冠(かんむり)、袍(ほう)、袙(あこめ)(略すこともある)、単(ひとえ)、指貫、沓(くつ)である。束帯や布袴の袍と同様に位袍であるが、通常は帯剣することがなく、闕腋(けってき)の袍は用いられない。また着装に石帯を用いないため、それにかわる絹の帯で腰を締めることにより、その衣文(えもん)や着装姿は束帯と異なる。なお、衣冠は朝服の変化形式の装束であるため、かならず冠をかぶる。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

衣冠の関連キーワード京の神祇装束調度品沐猴にして冠す案摩・安摩空頂黒さく模倣・摸倣僧形八幡衣冠束帯鶴の庖丁北堂書鈔御物奉行天尊像京極流内裏雛武烈王大礼服赤裸裸三礼図大君姿紳士文官

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衣冠の関連情報