コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝香鳩彦 あさか やすひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝香鳩彦 あさか-やすひこ

1887-1981 明治-昭和時代の皇族,軍人。
明治20年10月2日生まれ。久邇宮(くにのみや)朝彦親王の第8王子。明治39年朝香宮家を創立,43年明治天皇の第8皇女允子(のぶこ)と結婚。近衛師団長,上海派遣軍司令官などを歴任。昭和14年陸軍大将。22年皇籍離脱。戦前の8年アール-デコ様式の洋館(現東京都庭園美術館)をたてた。昭和56年4月12日死去。93歳。陸軍大学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝香鳩彦の関連キーワード昭和時代軍人皇族

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android