熱海市(読み)あたみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「熱海市」の解説

熱海〔市〕
あたみ

静岡県東部,伊豆半島の基部,相模灘に面する温泉都市。 1937年市制。 57年網代町を編入。南,西,北の3方に多賀 (熱海) 火山の外輪山があり,東は急斜面で相模湾にのぞむ。海上約 10kmのところに初島がある。温泉は熱海七湯と呼ばれ,江戸初期に江戸城に湯を送った湯戸 (湯亭) を中心に発達。明治以後はおもに京浜地区からの湯治客に利用され,尾崎紅葉の小説『金色夜叉』で全国に知られた。 1925年の熱海線,34年の丹那トンネルの開通により急速に発展。 50年の大火後,国際観光温泉文化都市建設法の施行都市となる。中心市街地をなす熱海温泉のほか,伊豆山,網代の各温泉群があり,西の別府と並んで日本を代表する温泉都市となっている。お宮の松,錦ヶ浦の断崖,坪内逍遙の双柿舎,梅園,伊豆山神社,来宮神社,十国峠,初島などの名所がある。国宝を所蔵する MOA美術館,ゴルフ場などの娯楽施設や観光施設,伊豆スカイラインや熱海新道などのドライブウェーも完備。阿豆佐和気神社の大クスは天然記念物。東海道新幹線,JR東海道本線,伊東線,国道 135号線が通る。市域の一部は富士箱根伊豆国立公園に属する。面積 61.78km2。人口 3万7544(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android