コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮仏画 ちょうせんぶつが

1件 の用語解説(朝鮮仏画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝鮮仏画
ちょうせんぶつが

荘厳画系統の作品を除くと,狭義の朝鮮仏画は高麗時代以前の遺品を欠き,文献や傍系的絵画資料から推測するほかはない。日本伝来の中宮寺の『天寿国繍帳』や法隆寺の『玉虫厨子』の図像は,三国時代の朝鮮系画師が関与した朝鮮仏画の傍系資料であり,文献によると,新羅時代には金堂内壁に弥勒や普賢菩薩の聖容を描いて供養したり,十一面観音を描いて礼拝したらしい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝鮮仏画の関連キーワード仏画傍系李北鳴御作荘厳ミサ曲サハリンの朝鮮人電子文藝館朴慶植荘厳画《朝鮮仏教通史》

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朝鮮仏画の関連情報