コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天寿国繍帳 てんじゅこくしゅうちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天寿国繍帳
てんじゅこくしゅうちょう

飛鳥時代刺繍。推古30(622)年の聖徳太子の没後,妃橘大郎女が,太子が生まれ変わった天寿国のありさまを偲ぼうと発願し,東漢末賢(やまとのあやのまけん)ら 3人の渡来人に下図を描かせ,采女らに刺繍させた。奈良県の中宮寺蔵。当初は巨大な 2帳の繍帳であったが,今日では一部の断片が寄せ集められて額装になっている。繍帳中の銘文は『上宮聖徳法王帝説』に伝えられており,制作の由来がわかる。中国六朝風(→六朝時代)の古拙な人物表現や文様がみられ,飛鳥時代の絵画としても貴重な例。国宝。(→飛鳥文化繍仏日本工芸

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

天寿国繍帳【てんじゅこくしゅうちょう】

中宮寺に伝わる飛鳥時代の刺繍。天寿国曼荼羅(まんだら)とも。聖徳太子没後,妃の橘大郎女(たちばなのおおいらつめ)が,太子が往生したという天寿国のさまを刺繍させたもの。
→関連項目飛鳥時代繍仏浄土信仰高松塚古墳

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天寿国繍帳
てんじゅこくしゅうちょう

飛鳥(あすか)時代につくられた日本最古の刺しゅう。奈良・中宮寺蔵。国宝。現存するものは縦88.8センチメートル、横82.7センチメートルの濃い灰色の絹縮(きぬちぢみ)を台裂(ぎれ)に、紫羅(ら)、紫綾(あや)、白平絹(しろへいけん)を地とし刺しゅうを施している。図は蓮台(れんだい)にのる仏、神将像、僧や俗人、あるいは兎(うさぎ)、鳳凰(ほうおう)、鐘楼、仏殿、それに飛雲(ひうん)や唐草(からくさ)を配し、三段六区の二列に区分されている。その図のなかにある亀背(きはい)に「部間人公」「干時多至」「皇前曰啓」「仏是真玩」および断片の「利令者椋」の四字一組の銘文が繍(ぬ)い合わされている。これらの銘文は、もと二張りであった繍帳の100個の亀の背一つに四文字ずつ、計400文字あったが、その全文は現存最古の聖徳太子伝とされる『上宮聖徳法王帝説』に記され、この繍帳作成の由来がわかる。すなわち、推古(すいこ)天皇の30年(622)2月、聖徳太子の死後、王妃橘大郎女(たちばなのおおいらつめ)は天皇の許しを得て、太子が往生された天寿国のさまを図にするため、椋部秦久麻(くらべのはたのくま)を総監督に、東漢末賢(やまとのあやのまけん)、高麗加西溢(こまのかせい)、漢奴加己利(あやのぬかこり)の3人の画師に下絵を描かせ、采女(うねめ)たちが刺しゅうしたというもので、現在残るのはその残欠である。
 紫羅地に刺しゅうを施した部分は飛鳥時代の作であるが、繍法を異にする部分も混じっていて、それは鎌倉時代に補修されたためと思われる。しかし飛鳥時代の染織品として、しかも作製の由来の明らかな点からも、きわめて貴重な遺品である。[永井信一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

天寿国繍帳の関連キーワード穴穂部間人皇女浄土教美術太子信仰飛鳥美術日本美術刺しゅう朝鮮仏画

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天寿国繍帳の関連情報