コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮考古学 ちょうせんこうこがくKorean Archaeology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝鮮考古学
ちょうせんこうこがく
Korean Archaeology

朝鮮半島を対象とする考古学。 1900年代初め,日本の大陸進出に伴って日本人学者によって開拓され,楽浪漢墓,新羅古墳,百済古墳,高句麗古墳のほか重要な仏教遺跡の発掘調査などで大きな成果をあげた。第2次世界大戦後は朝鮮民主主義人民共和国 (北朝鮮) では科学院考古学及民俗学研究所が,大韓民国 (韓国) では国立博物館がそれぞれ中心となり調査研究が進められている。 1970年代以降,大韓民国では開発に伴う調査が急増し,多くの考古資料が発見されており,中国大陸や日本列島との関連においても成果が注目されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝鮮考古学の関連キーワードアジア考古学藤田 亮策藤田亮策朝鮮半島

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android