朝鮮蛤(読み)チョウセンハマグリ

大辞林 第三版の解説

ちょうせんはまぐり【朝鮮蛤】

海産の二枚貝。殻長10センチメートルほど。食用。殻は大きく厚く、白の碁石を作る材料にする。碁石貝。碁石蛤。房総以南に多く分布する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

朝鮮蛤 (チョウセンハマグリ)

学名:Meretrix lamarcki
動物。マルスダレガイ科の二枚貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android