コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮金石総覧 ちょうせんきんせきそうらんChosǒn-kǔmsǒk ch'ongram

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝鮮金石総覧
ちょうせんきんせきそうらん
Chosǒn-kǔmsǒk ch'ongram

朝鮮の金石文を集めた書物。 1952~55年にかけて朝鮮総督府がその収集した拓本によって朝鮮各地の金石文を編纂したもの。上下2巻。金石の種類は碑,墓誌,石標,石刻,石幢石経,そのほか鍾,仏像,塔の類にまで及んでいるが,年代的には高麗以前までを主体としている。 71年若干の改訂を加えて国書刊行会から再刊された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝鮮金石総覧の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広級化層理新藤兼人川島雄三市川崑久松静児森一生成瀬巳喜男日中関係

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android