コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮金石総覧 ちょうせんきんせきそうらんChosǒn-kǔmsǒk ch'ongram

1件 の用語解説(朝鮮金石総覧の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝鮮金石総覧
ちょうせんきんせきそうらん
Chosǒn-kǔmsǒk ch'ongram

朝鮮の金石文を集めた書物。 1952~55年にかけて朝鮮総督府がその収集した拓本によって朝鮮各地の金石文を編纂したもの。上下2巻。金石の種類は碑,墓誌,石標,石刻,石幢,石経,そのほか鍾,仏像,塔の類にまで及んでいるが,年代的には高麗以前までを主体としている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝鮮金石総覧の関連キーワード級化層理日中関係日野BD型バス(ブルーリボン)カリブ文学吉田茂内閣ジョージ三等重役オリンピック音楽コンクール中山悌一

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone