コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石経 せききょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石経
せききょう

石経」のページをご覧ください。

石経
せっけい
shi-jing

中国で石に儒教の基本的古典である経典を刻したもの。「せききょう」とも読む。信頼できる経書の本文を明示するため首都の太学に建てられた。後漢熹平石経をはじめ,曹魏の正始三体石経,唐の開成石経などが著名。これらは儒教の経書であるが,漢訳仏経を刻したものに河北省房山石経などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せき‐けい【石経】

せっけい(石経)

せっ‐きょう〔セキキヤウ〕【石経】

石に刻んだ経文。経典を後世に残すことを目的としたもので、中国の隋・唐代に流行。日本では福岡県宗像(むなかた)大社のものが有名。→せっけい(石経)

せっ‐けい〔セキ‐〕【石経】

石に刻した儒教道教の経典。→せっきょう(石経)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

石経【せっけい】

中国で重要な経典の正文を伝えるため石に刻したもの。仏教や道教のもあるが,ふつう儒教のをさす。後漢の霊帝のころ諸家の経文が乱れ,熹平4年(175年)に熹平石経46枚が立てられ,以後,魏の三体石経,唐の開成石経から清の乾隆帝の1791年の清石経までたびたび立てられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せっけい【石経 shí jīng】

中国で儒教の根本聖典である経書(けいしよ)の本文を,政府の手で石に刻したもの。儒教は中国の国教で経書は科挙の教科書でもあったから,その標準的テキストを公示する意味で古来何度か作り,太学(中央の国立大学)に立てたのである。 (1)漢石経 後漢末に経書本文に関する論争に決着をつけるため,蔡邕(さいよう)が定本を作り文字を書いて石に刻したと伝える。熹平4年(175)に起工し9年目に完成したので熹平石経といい,書体は隷書だけで書かれたので一字石経ともいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せきけい【石経】

せっきょう【石経】

岩の壁面・磨崖・石板などに経文を刻みつけたもの。石刻経。 → せっけい(石経)

せっけい【石経】

儒教の経典を石に刻み講学の典拠とした碑。175年後漢の蔡邕さいようらが建てた熹平石経に始まる。書道史上貴重。 → せっきょう(石経)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石経
せきけい

儒・仏・道教の経典の文字を石に刻したもの。広く経文の標準を示し、長く後世に伝えることを目的にした。後漢(ごかん)の霊帝が175年(熹平4)に詔(しょう)して182年(光和6)に完成し、大学門外に建てられた熹平(きへい)石経(鴻都(こうと)石経、一字石経、今字(きんじ)石経ともいう)を始めとする。その後、魏(ぎ)の正始(せいし)年間(240~248)の正始石経(三字石経、三体石経ともいう)、837年(唐の開成2)に成った開成(かいせい)石経、951年(後蜀(こうしょく)の広政14)の成都(せいと)石経(益都(えきと)石経、広政(こうせい)石経ともいう)などがある。仏教では、北斉(ほくせい)の泰山(たいざん)経石峪(けいせきよく)金剛(こんごう)経、徂徠山映仏崖大般若(そらいざんえいぶつがいだいはんにゃ)経、隋(ずい)唐の房山雲居寺石経など。道教では、708年(唐の景竜2)の易州道徳経碑、735年(開元23)の御注(ぎょちゅう)道徳経などがある。[田中 有]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

石経の関連キーワード朝鮮金石総覧陝西省博物館熊野新宮経塚房山雲居寺金剛経信仰角田(市)一字一石経一字一石塔むなかた松崎慊堂宝山石窟西安碑林井田赤城内藤希顔梶原景煕釜石市イキケ洪亮吉雲居寺万斯同

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android