コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木ガス キガス

大辞林 第三版の解説

きガス【木ガス】

もくガス

もくガス【木ガス】

木材を乾留するとき生ずる可燃性ガス。一酸化炭素・メタンなどを含む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の木ガスの言及

【木材乾留】より

…粗木酢液に含まれる高沸点物などを木タールという。熱分解時のガスのうち冷却しても液化しなかったものを木ガスと呼ぶ。高温で発生したものほどCO,CH4,H2の割合が多いのでよい燃料となる。…

※「木ガス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

木ガスの関連キーワード林産製品木材乾留林産物ルボン木材もく木炭

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android