木ガス(読み)モクガス

精選版 日本国語大辞典の解説

もく‐ガス【木ガス】

〘名〙 (ガスはgas) 木材乾留時に得られる気体。二酸化炭素、一酸化炭素、水素、炭化水素などを含み、可燃性。乾留用燃料などに用いる。

き‐ガス【木ガス】

〘名〙 (ガスはgas) =もくガス(木━)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の木ガスの言及

【木材乾留】より

…粗木酢液に含まれる高沸点物などを木タールという。熱分解時のガスのうち冷却しても液化しなかったものを木ガスと呼ぶ。高温で発生したものほどCO,CH4,H2の割合が多いのでよい燃料となる。…

※「木ガス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる