コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下利当 きのした としまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下利当 きのした-としまさ

1603-1662* 江戸時代前期の大名。
慶長8年生まれ。木下利房の長男。寛永14年備中(びっちゅう)(岡山県)足守(あしもり)藩主木下家第2次2代。幼少のころから槍術(そうじゅつ)をこのみ,一流をひらく。のち心流,一般には木下流・淡路(あわじ)流とよばれ,木下家家伝の術となった。寛文元年12月28日死去。59歳。通称は熊之助。官名は淡路守。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木下利当の関連キーワード加藤泰興木下利貞