コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下利房(読み)きのした としふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下利房 きのした-としふさ

1573-1637 織豊-江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)元年生まれ。木下家定の次男。豊臣秀吉につかえ,若狭(わかさ)(福井県)高浜城主となる。関ケ原の戦いで西軍に属し,所領没収。大坂の陣で徳川家康にしたがい,元和(げんな)元年備中(びっちゅう)(岡山県)の父の遺領をあたえられ,足守(あしもり)藩主木下家第2次初代。2万5000石。寛永14年6月21日死去。65歳。初名勝義

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の木下利房の言及

【木下氏】より

…近世大名。豊臣秀吉の生家木下氏と秀吉の妻(高台院)の実家杉原氏流木下氏がある。秀吉の父弥右衛門は織田信秀の足軽で尾張中村の百姓。秀吉は信長に仕え木下藤吉郎と名のるが,出世に伴い1573年(天正1)羽柴氏に,さらに86年豊臣氏に改姓した。杉原氏は定利の女が秀吉の妻(北政所)となり,秀吉の一族として繁栄,北政所の伯父家次は秀吉に仕え丹波福知山城主となった。兄家定は秀吉に近侍し木下姓に改めて播磨姫路城主,関ヶ原の戦後備中足守(あしもり)に移封された。…

※「木下利房」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android