コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木場清生 こば きよお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木場清生 こば-きよお

1817-1891 幕末-明治時代の武士,神職。
文化14年7月2日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。仕官前は私塾をひらき,大久保利通(としみち),西郷隆盛らと交遊。西郷が奄美(あまみ)大島に配流されると,島詰目付となり世話をする。のち大坂藩邸留守居。維新後は大阪府判事,賀茂御祖(かもみおや)神社宮司(ぐうじ)などをつとめた。明治24年1月2日死去。75歳。通称は伝内。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木場清生の関連キーワード明治時代神職

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android