コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村光一 きむら こういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村光一 きむら-こういち

1931- 昭和後期-平成時代の演出家。
昭和6年10月3日生まれ。文学座にはいり,昭和38年「調理場」を初演出し,翌年「欲望という名の電車」で注目された。「飢餓海峡」「阿Q外伝」などを演出後,55年文学座の大衆路線に反発して退団。57年地人会を設立し,独自の演劇活動を展開。平成5年桐朋学園短大教授。16年原爆の悲惨さをうったえる朗読劇「この子たちの夏」を20年にわたり上演したとして菊池寛賞を受賞。千葉県出身。東大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木村光一
きむらこういち

地人会」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

木村光一の関連キーワード佐々木すみ江宮崎 和命ウェスカー池田昌子宮本信子永江智明演出家団時朗平田満

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木村光一の関連情報