コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村寿禎 きむら じゅてい

1件 の用語解説(木村寿禎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村寿禎 きむら-じゅてい

1774-1834 江戸時代後期の医師。
安永3年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩医。長崎でオランダ通詞楢林(ならばやし)重兵衛に蘭学をまなぶ。寛政10年刑死者を解剖し,非難をあびて藩医を辞任。その際オランダ語のはいった解剖供養碑を建立したという。天保(てんぽう)5年4月5日死去。61歳。名は安定。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木村寿禎の関連キーワードルイルイ野村軍記福永十三郎嶺春泰ルイ[16世]落語葛飾北斎服飾雑誌アヘン戦争

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone