コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村岡右衛門 きむら おかえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村岡右衛門 きむら-おかえもん

1658-1703 江戸時代前期の武士。
万治(まんじ)元年生まれ。赤穂(あこう)四十七士のひとり。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂藩主浅野長矩(ながのり)につかえ,馬廻(うままわり)役をへて絵図奉行。大高源吾,小野寺十内とともに文才をうたわれ,討ち入りに際して漢詩1編をのこした。元禄(げんろく)16年2月4日切腹。46歳。名は貞行。変名は石田左膳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木村岡右衛門の関連キーワード四十七士(赤穂四十七士)赤穂浪士一覧赤穂義士木村貞行万治

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木村岡右衛門の関連情報