コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村常陸介 きむら ひたちのすけ

3件 の用語解説(木村常陸介の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村常陸介 きむら-ひたちのすけ

?-1595 織豊時代の武将。
豊臣秀吉につかえ,賤ケ岳(しずがたけ)の戦い,小牧・長久手(ながくて)の戦い,小田原攻めなどに活躍し,山城淀(よど)城主となる。豊臣秀次の後見役をつとめたが,秀次事件に連座して文禄(ぶんろく)4年7月15日自刃(じじん)。茶の湯千利休にまなび,台子七人衆のひとりとしても知られる。名は重茲(しげこれ),定光,重高。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

木村常陸介

没年:文禄4.7.15(1595.8.20)
生年:生年不詳
安土桃山時代の武将。木村定重の子。名は重茲,定光,重高など諸説あり確定的ではなく,隼人正と称したこともあるらしい。豊臣秀吉に仕え,天正11(1583)年の賤ケ岳の戦では,近江堂木山砦の守備大将を務めている。その功によって,若狭の佐柿国吉城主となり,小牧・長久手の戦ののち,越前府中城主として12万石を与えられた。天正18年の小田原攻めには,武蔵岩付城攻撃に当たり,その後に続く出羽仙北一揆平定にも功があった。文禄4(1595)年の豊臣秀次失脚事件に連座し,山城国山崎に近い大門寺(茨木市)で自刃した。墓所も同寺。茶人としても有名で,千利休の台子七人衆のひとりに数えられている。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きむらひたちのすけ【木村常陸介】

?‐1595(文禄4)
安土桃山時代の武将。近江佐々木の出といわれるが確かなところは不明。名は重茲,定光,重高。父定重(隼人佐)のときから豊臣秀吉に仕え,1583年(天正11)ころから多くの戦役に名がみられる。85年越前府中城12万石を与えられ,九州の陣,小田原の陣,文禄の役に活躍し,山城淀城18万石を与えられる。95年関白秀次事件に連座し,大門寺に自殺した。【高木 傭太郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

木村常陸介の関連キーワード五辻富仲文閑鷲尾隆尚細川玄旨牧興相山岡如軒北小路俊孝安土桃山時代黒田如水

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone