コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村曙 きむら あけぼの

2件 の用語解説(木村曙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村曙 きむら-あけぼの

1872-1890 明治時代の小説家。
明治5年3月3日生まれ。木村荘平の娘。結婚,離婚のあと父の経営する東京浅草の牛肉店「いろは」の帳場で小説を執筆。明治22年「読売新聞」に進歩的な女性を主人公にした「婦女の鑑(かがみ)」を連載する。明治23年10月19日流行性感冒で死去。19歳。兵庫県出身。東京高女卒。本名は栄子。別姓に岡本。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

木村曙

没年:明治23.10.19(1890)
生年:明治5.3.3(1872.4.10)
明治時代の小説家。神戸生まれ。別姓岡本,本名栄子。父は実業家木村荘平。東京高等女学校(お茶の水女子大付属高)時代,フランス語,音楽,手芸をよくする活発な女学生生活を送るが,卒業後,父に海外留学を拒否され,法科学生との交際も断たれ,迎えた養子との結婚も破綻した。家業の牛肉店「いろは」支店(浅草)の帳場で小説を執筆。貧民と女性の救済の理想を実現する工場経営者の少女をヒロインとした「婦女の鑑」を満16歳で『読売新聞』(1889年1月3日~2月28日)に連載。ほかに『操くらべ』『わか松』があるが,18歳の若さで没した。

(北田幸恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木村曙の関連キーワード川崎長太郎幸堂得知小説家岡本五休岡本保誠岡本霊華野沢純古川精一山口寒水横山美智子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone