コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村重任 きむら しげとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村重任 きむら-しげとう

1817-1884 幕末-明治時代の武士,儒者。
文化14年2月13日生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。江戸昌平黌(しょうへいこう)でまなび,また松崎慊堂(こうどう)に師事し,水戸の会沢(あいざわ)正志斎,藤田東湖と交遊。帰藩して藩校明善堂助教,のち郡奉行。嘉永(かえい)5年真木和泉(まき-いずみ)らと藩政改革を建白して投獄されるが,のちゆるされた。明治17年12月10日死去。68歳。通称は三郎。号は松陵,赤村

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木村重任の関連キーワード明治時代儒者

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android