コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木沓/木履 キグツ

2件 の用語解説(木沓/木履の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き‐ぐつ【木×沓/木履】

木をくりぬいて作ったくつ。浅沓(あさぐつ)、サボなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木沓
きぐつ

木でつくられた履き物のこと。「木履」と書くこともある。ただし、厳密には両者の指し示すものは異なる。すなわち、「木沓」と書くときは足の甲まで履う被甲履き物類をさし、「木履」と書くときは鼻緒へ足の指を差し込んで履く鼻緒履き物類のことをさす。今日「きぐつ」というときは前者のたぐいをさすことがほとんどだが、表記法は後者のものも混用されるようになった。
 日本で被甲式の木沓を履くようになったのは平安時代のことで、束帯(そくたい)、衣冠(いかん)、直衣(のうし)などの着用に際してこれが用いられた。キリの木をくりぬき、黒漆を塗ったもので、いまでも神官などはこれを使用している。しかし、日本では木沓が一般に普及することはなかった。これに対し、ヨーロッパでは盛んに用いられ、フランスのブルターニュ地方やオランダの農村部では、いまなお使用されることもある。童話の挿絵などに木沓が描かれているのをよくみかける。サボsabot(フランス語)の名で知られ、とくにブナの木でつくられたものは耐久性、耐水性ともに優れているので、重宝された。木沓は中国や朝鮮でも用いられたが、これは、もっぱらぬかるみの歩行用であった。中国ではチ(屐)、朝鮮ではナマクシン(木鞋)とよばれている。[胡桃沢勘司]
『宮本馨太郎著『かぶりもの・きもの・はきもの』(1968・岩崎美術社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木沓/木履の関連キーワード浅沓刳り舟雁鼻の沓桐火桶刳り鉢鼻高履彫り貫く革靴田沓

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone