コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木瀬浄阿弥(初代) きせ じょうあみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木瀬浄阿弥(初代) きせ-じょうあみ

?-1618 織豊-江戸時代前期の鏡師。
京都の人。北野天満宮に慶長12年作で「天下一鏡屋木瀬浄阿弥」の銘のある鏡がのこっている。慶長末ごろ越前(えちぜん)福井に移住し,子孫が代々名をついだ。8代以降は鏡の研師(とぎし)になったという。元和(げんな)4年9月26日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木瀬浄阿弥(初代)の関連キーワードビーラー・ホラの戦クラッセクールプラハ窓外放出事件三十年戦争デカルトマウリッツアウラングゼーブ明石城伊藤宗看

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android