コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マウリッツ マウリッツ Maurits van Oranje

4件 の用語解説(マウリッツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マウリッツ
マウリッツ
Maurits van Oranje

[生]1567.11.13. ディレンブルフ
[没]1625.4.23. ハーグ
オランダ (ネーデルラント) 連邦共和国総督 (在任 1584~1625) 。オランニェ公,ナッサウ伯。ウィレム1世 (沈黙公) の次男。 1584年父が暗殺されると,若くしてホラントゼーラントなどの総督に任命され,J.オルデンバルネフェルトの後見のもとに共和国をスペイン軍の侵略から解放した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マウリッツ

オランダの軍人,政治家。ウィレム1世の子。軍事的才能にすぐれ,1590年ユトレヒト同盟の指揮官となり,八十年戦争オランダ独立戦争)でスペイン軍を撃破。1618年以後総督として内治に努め,対スペイン戦を続けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マウリッツ【Maurits】

1567‐1625
オランダの総督。ウィレム1世の次男で,ナッサウ伯,オラニエ公(1618年以後)。1584年父の死後国務評議会議長に就任,85年ホラント,ゼーラント,89年オーフェルアイセル,90年ユトレヒト,91年ヘルデルラント,1620年フローニンゲンの各州総督を兼ねた。その間1590年ユトレヒト同盟の陸海軍総司令官に就任,古代ローマの戦術の研究に基づいて軍隊の再編整備につとめ,同盟諸州からスペイン軍を駆逐してオランダ共和国の基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マウリッツ
まうりっつ
Maurits van Oranje
(1567―1625)

オランダ連邦共和国の総督。ナッサウ伯。1618年以後オラニエ公。オランダ独立の指導者オラニエ公ウィレム1世の子として生まれる。暗殺された父の後を継いでホラント州をはじめ諸州の総督、最高軍司令官に任命された。ライデン大学で数学者ステフィンSimon Stevin(1548―1620)に数学を学び(1583~1584)、戦術の基礎とした。スペイン軍に占領されていた東部、南東部の諸都市を次々に奪回し、ことにニウポールトの勝利により名戦略家としてヨーロッパに名声を馳(は)せた。1609年、共和国の政治を指導したオルデンバルネフェルトJohan van Oldenbarnevelt(1547―1619)がスペインとの休戦条約を締結すると、対スペイン戦争の継続を望むマウリッツはこれに反対し、1618年クーデターを起こしてオルデンバルネフェルトを逮捕、翌1619年裁判にかけて処刑した。政敵を倒して共和国の最高権力者になったが、州分権主義を克服することはできなかった。[栗原福也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマウリッツの言及

【オラニエ=ナッサウ家】より

…ウィレム1世は若くしてドイツ皇帝カール5世の側近として将来を期待されたが,のちにオランダ共和国独立の指導者となり,オランダ諸州の総督に就任し,建国の父として記憶される。ウィレムが暗殺されると,その子マウリッツさらに弟フレデリック・ヘンドリックが総督職を継ぎ,対スペイン独立戦争を指導した。17世紀中葉,オランダの国力,経済,文化は絶頂に達し,オラニエ=ナッサウ家はヨーロッパ諸国の王室,大貴族と姻戚関係を結び,ハーグにある総督官邸は宮廷のような栄光につつまれた。…

【オランダ共和国】より

…しかし,執政パルマ公の率いるスペイン軍はユトレヒト同盟に参加した南部の諸都市を征服し,さらに北部諸州を攻略し,84年オラニエ公は暗殺された。ウィレム亡きあと,オルデンバルネフェルトは連邦議会を舞台に北部諸州の団結に心を砕き,オラニエ公の若い息子マウリッツは軍事総司令官として,スペイン軍の占領した諸都市を次々に奪回した。こうして共和国は95年ごろまでに,7州のほぼ全領域を解放して実質的な独立を達成し,1609年スペインと12年間の休戦条約を締結した。…

【八十年戦争】より

…しかし85年以降のイギリスの軍事援助もエリザベスの寵臣レスター伯の失態で実を結ばず,その結果として88年孤立無援の中で議会主権の〈ネーデルラント連邦共和国〉が事実上誕生した。オラニエ公の遺児マウリッツは軍を再編整備して90‐97年に北部諸州からスペイン軍を駆逐し,やがてスペインの勇将スピノラA.de Spínolaの反撃にあって,1609年スペインとの間にひとまず〈十二年休戦条約〉が結ばれた。21年再開された戦争は三十年戦争の一環として遂行され,35年総督フレデリック・ヘンドリックはフランスと攻守同盟を結んだが,総督の死後48年,都市貴族層の主導でスペインとの間にミュンスターの講和(ウェストファリア条約)が成立した。…

※「マウリッツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マウリッツの関連キーワードエイントーフェンダッチデクーニングウィレムドム広場オランダの犯罪ウィリアム[3世]ウィレム[1世]ウィレム[2世](オランダ国王)ウィレム[2世](オランダ総督)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マウリッツの関連情報