木登魚(読み)キノボリウオ

デジタル大辞泉の解説

きのぼり‐うお〔‐うを〕【木登魚】

スズキ目キノボリウオ科の淡水魚。全長約25センチ。体は細長く、わずかに側扁する。体色は淡褐色えらの一部が変化した器官をもち、空気呼吸をすることができ、夜間に水辺に上がり、胸びれやえらぶたのとげで体を支えて地上を移動する。東南アジアの原産で、熱帯魚として飼育される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きのぼり‐うお ‥うを【木登魚】

〘名〙 キノボリウオ科の淡水魚。体長二五センチメートルに達する。全体が淡褐色で、ひれが赤みを帯びることもある。胸びれなどを用いて水中からはい上り、特別な器官で空気呼吸をする。東南アジアの湖沼、河川に広く分布し、観賞魚として飼育される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android