コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木登魚 キノボリウオ

デジタル大辞泉の解説

きのぼり‐うお〔‐うを〕【木登魚】

スズキ目キノボリウオ科の淡水魚全長約25センチ。体は細長く、わずかに側扁する。体色淡褐色。えらの一部が変化した器官をもち、空気呼吸をすることができ、夜間に水辺に上がり、胸びれやえらぶたのとげで体を支えて地上を移動する。東南アジア原産で、熱帯魚として飼育される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きのぼりうお【木登魚】

スズキ目キノボリウオ科アナバス属の淡水魚の総称。全長20センチメートルほど。水中だけでは呼吸ができず補助呼吸器官を使って、空気呼吸をする。胸びれや鰓えらを広げて陸上にはい上がることもあるが、木に登ることはない。東南アジアに分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

木登魚の関連キーワード分布陸上総称水中

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android