コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木竹工芸 もくちくこうげい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木竹工芸
もくちくこうげい

木や竹を素材とする工芸。日本では豊富な木竹類に恵まれ加工が容易なことから,早くから発生し,独自の発展をとげた。縄文時代遺品にすでにその形跡がみられる。古代の遺品としては,中国の唐文化を強く反映した正倉院の宝物類が多彩ですぐれており,中世末から近世初頭にかけて茶道具や花器として新たに発展した。ヨーロッパでは,木板の表面に文様を彫り,そのくぼみに木片象牙,骨角,貝殻,金属などをはめこむ象眼細工と,台木板の上に種々の薄い木板片やその他の材料を張付けて文様を作り出す寄せ木細工が,木工芸として独自の発展をみせた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

木竹工芸の関連キーワードクラフト・デザイン東南アジアの工芸スプラング倉敷民芸館朝鮮工芸丸木弓

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android