コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木竹工芸 もくちくこうげい

1件 の用語解説(木竹工芸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木竹工芸
もくちくこうげい

木や竹を素材とする工芸。日本では豊富な木竹類に恵まれ加工が容易なことから,早くから発生し,独自の発展をとげた。縄文時代の遺品にすでにその形跡がみられる。古代の遺品としては,中国の唐文化を強く反映した正倉院の宝物類が多彩ですぐれており,中世末から近世初頭にかけて茶道具や花器として新たに発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木竹工芸の関連キーワード素材生産木彫ロッド網代戸エアアート刈りばね組垣サンドアート唐箸奥山峰石

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone