コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木谷千種 きたに ちぐさ

2件 の用語解説(木谷千種の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

木谷千種

日本画家。大阪生。旧姓は吉岡、名は英子。夫は近松門左衛門研究家木谷蓬吟池田蕉園北野恒富菊池契月等に学ぶ。美人画を得意とする。文展無鑑査。昭和22年(1947)歿、58才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木谷千種 きたに-ちぐさ

1895-1947 大正-昭和時代の日本画家。
明治28年生まれ。木谷蓬吟(ほうぎん)の妻。池田蕉園(しょうえん),菊池契月らに師事。大正元年第6回文展に初入選以来,女性をテーマにした作品で文展,帝展に12回入選する。のち千種会を主宰。昭和22年1月24日死去。53歳。大阪出身。清水谷高女卒。本名は英子。作品に「浄瑠璃(じょうるり)船」「祇園(ぎおん)町の雪」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone