コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木谷千種 きたに ちぐさ

2件 の用語解説(木谷千種の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

木谷千種

日本画家。大阪生。旧姓は吉岡、名は英子。夫は近松門左衛門研究家木谷蓬吟池田蕉園北野恒富菊池契月等に学ぶ。美人画を得意とする。文展無鑑査。昭和22年(1947)歿、58才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木谷千種 きたに-ちぐさ

1895-1947 大正-昭和時代の日本画家。
明治28年生まれ。木谷蓬吟(ほうぎん)の妻。池田蕉園(しょうえん),菊池契月らに師事。大正元年第6回文展に初入選以来,女性をテーマにした作品で文展,帝展に12回入選する。のち千種会を主宰。昭和22年1月24日死去。53歳。大阪出身。清水谷高女卒。本名は英子。作品に「浄瑠璃(じょうるり)船」「祇園(ぎおん)町の雪」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

木谷千種の関連キーワード板倉星光木村斯光前田荻邨森白甫榊原始更新井勝利西田屹二根上富治安田半圃山口秀雄