コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田蕉園 いけだ しょうえん

4件 の用語解説(池田蕉園の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

池田蕉園

日本画家。東京生。日本画家池田輝方の妻。名は百合子、旧姓は榊原。水野年方川合玉堂に師事する。文展等諸種の展覧会に出品、多くの賞を得る。烏合会会員。大正6年(1917)歿、33才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田蕉園 いけだ-しょうえん

1886-1917 明治-大正時代の日本画家。
明治19年5月13日生まれ。池田輝方(てるかた)の妻。水野年方(としかた),川合玉堂(かわい-ぎょくどう)にまなぶ。明治36年吉川霊華(きっかわ-れいか)らとともに烏合(うごう)会会員となる。40年から文展で受賞をかさねる。美人画にすぐれ,挿絵も手がけた。大正6年12月1日死去。32歳。東京出身。旧姓は榊原。本名は百合子。作品に「こぞのけふ」「桃の酔」「宴の暇」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

池田蕉園

没年:大正6.12.1(1917)
生年:明治19.5.13(1886)
明治時代,文展を中心に活躍した画家。東京神田雉子町生まれ。旧姓榊原,名は百合子。明治34(1901)年水野年方に入門。36年吉川霊華らと共に烏合会会員となり,39年美術研精会で「わが鳩」が研精賞牌を受賞。40年の第1回文展に「もの詣」を出品し3等賞を受賞して以来,10回まで毎回文展に出品し,7回展を除いて受賞を続けた。特に第10回展の「こぞのけふ」は特選となり,上村松園と並ぶ「閨秀美人画家」として知られる。44年同門の池田輝方と結婚,39年より『女学世界』『女鑑』『少女世界』『少女画報』などに挿絵を描いた。肋膜炎で没す。

(安村敏信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池田蕉園
いけだしょうえん
(1885―1917)

明治・大正の女流日本画家。本名百合子。旧姓榊原(さかきばら)。東京生まれ。水野年方(としかた)に師事して、同門の池田輝方(てるかた)と結婚した。年方の没後、川合玉堂(ぎょくどう)にも学んだ。浮世絵の系統を引く美人画をよくし、浪漫(ろうまん)的な作風により、西の松園(しょうえん)(上村(うえむら)松園)に対して東の蕉園ともてはやされた。第1回文展の『もの詣(もう)で』で三等賞を受賞、以後第10回まで毎回出品、第7回展を除いて受賞を続けたが、惜しくも早世した。代表作に『さつき』(東京国立近代美術館)、『宴のひま』がある。[小林 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

池田蕉園の関連情報