木間星箱根鹿笛(読み)このまのほしはこねのしかぶえ

  • このまのほし はこねのしかぶえ

精選版 日本国語大辞典の解説

歌舞伎脚本。世話物。四幕。河竹黙阿彌作。明治一三年(一八八〇)東京新富座初演。士族岩淵九郎兵衛は、ともに駆け落ちしたおさよを貧苦のあまり女郎に売ったあと、旅芸者のおきつになじむが、たまたま会ったおさよに恨みごとを言われて彼女を殺してしまう。のち、神経病にかかっておさよの亡霊に悩まされ、おきつをはじめ多くの人を殺す。「神経病の二番目」と呼ばれた散切物。おさよ九郎兵衛。おさよの怪談。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android