コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末の契 すえのちぎり

2件 の用語解説(末の契の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末の契
すえのちぎり

地歌・箏曲の曲名。京風手事物松浦検校作曲。箏の手付は浦崎検校。一説に八重崎検校の手付ともいわれる。作詞5世三井次郎右衛門高英 (俳号は後楽園・四明居) 。荒磯に漂う蜑小舟 (あまおぶね) にせつない恋心をたとえ,末永い契りを願うという内容。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すえのちぎり【末の契】

地歌・箏曲の曲名。松浦検校作曲の京風手事物。箏本手を浦崎検校(1810登官),箏替手を八重崎検校が作曲したが,現在は,前半は本手を用い,〈荒磯伝ふ〉から替手の箏をつないで利用している。作詞は後楽園とも四明居(しめいきよ)とも号した三井次郎右衛門高英。寄る辺のない恋の末の契りを願う女心を歌っている。手事には三味線組歌《揺上(ゆりかん)》の前弾きの手をとり入れている。【久保田 敏子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

末の契の関連情報