コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末の契 すえのちぎり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末の契
すえのちぎり

地歌・箏曲の曲名。京風手事物。松浦検校作曲。箏の手付浦崎検校。一説に八重崎検校の手付ともいわれる。作詞5世三井次郎右衛門高英 (俳号は後楽園・四明居) 。荒磯に漂う蜑小舟 (あまおぶね) にせつない恋心をたとえ,末永い契りを願うという内容。構成は,前歌-手事 (ツナギ・マクラ・手事・チラシ) -後歌。手事には三味線組歌『揺上 (ゆりかん) 』の前弾き3段の手が用いられている。三弦は三下り,箏は低平調子 (山田流では雲井調子) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すえのちぎり【末の契】

地歌・箏曲の曲名。松浦検校作曲の京風手事物。箏本手を浦崎検校(1810登官),箏替手を八重崎検校が作曲したが,現在は,前半は本手を用い,〈荒磯伝ふ〉から替手の箏をつないで利用している。作詞は後楽園とも四明居(しめいきよ)とも号した三井次郎右衛門高英。寄る辺のない恋の末の契りを願う女心を歌っている。手事には三味線組歌《揺上(ゆりかん)》の前弾きの手をとり入れている。【久保田 敏子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

末の契の関連キーワードビデオテックスカン・ドンジン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android