末永茂世(読み)すえなが しげつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末永茂世 すえなが-しげつぐ

1837-1915 幕末-明治時代の神職,歌人。
天保(てんぽう)8年5月生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。維新後,権(ごんの)大属兼和歌引立掛となり,明治18年筥崎宮(はこざきぐう)宮司となる。歌道の振興をはかり国風社などをおこした。大正4年1月29日死去。79歳。名は景賢。通称は茂一郎。号は墨松,笛廼舎など。編著に「筑前旧志略」,家集に「倭主礼草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android