コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末永茂世 すえなが しげつぐ

1件 の用語解説(末永茂世の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末永茂世 すえなが-しげつぐ

1837-1915 幕末-明治時代の神職,歌人。
天保(てんぽう)8年5月生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。維新後,権(ごんの)大属兼和歌引立掛となり,明治18年筥崎宮(はこざきぐう)宮司となる。歌道の振興をはかり国風社などをおこした。大正4年1月29日死去。79歳。名は景賢。通称は茂一郎。号は墨松,笛廼舎など。編著に「筑前旧志略」,家集に「倭主礼草」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

末永茂世の関連キーワード高校野球辞典ジェラールマン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗生田万の乱

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone