コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末法燈明記 まっぽうとうみょうき

1件 の用語解説(末法燈明記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末法燈明記
まっぽうとうみょうき

仏教書。1巻。延暦 20 (801) 年最澄の著と記されているが平安時代末期の偽作と考えられている。末法に近づいて,僧侶に灯明を授けるため,僧侶が仏法を従来どおり正しく行わないとしても,なお僧宝は尊く,法王,仁王の擁護を受けるべきであると説き,僧侶を勇気づけた書。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

末法燈明記の関連キーワード大乗義章天台四教儀秘蔵宝鑰法華文句外書九帖の御書十二門論人となる道末法灯明記駿河内親王

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone