コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末法灯明記 マッポウトウミョウキ

デジタル大辞泉の解説

まっぽうとうみょうき〔マツポフトウミヤウキ〕【末法灯明記】

平安時代の仏教書。1巻。延暦20年(801)最澄著と伝えるが疑わしい。末法には無戒名の僧こそが世の灯として尊ばれねばならないと主張したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まっぽうとうみょうき【末法灯明記】

最澄が801年(延暦20)に著したというが,真偽未詳。1巻。仏教の時代区分に正法(しようぼう),像法(ぞうぼう),末法の三時があるが,末法においては教のみあって行証はなく,すでに戒法が存在しないから,持戒も破戒もありえない。この末法では髪をそり袈裟を着ただけの無戒の僧であっても,これを世の真宝,福田,導師,すなわち灯明とすべきであると主張する。本書は栄西,法然,道元,親鸞らの著書に引用され,鎌倉仏教の思想的基盤となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

末法灯明記の関連キーワード平安時代末法思想

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android