本化(読み)ホンケ

大辞林 第三版の解説

ほんけ【本化】

〘仏〙 日蓮宗で、本地仏、すなわち久遠実成くおんじつじようの仏の教化をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほん‐け【本化】

〘名〙 (「ほんげ」とも。「本地仏の教化」の意) 仏語。法華経にもとづいて説かれる本迹二門の教化のうち、永遠絶対の仏の教化のあり方をいう。特に、日蓮宗では、日蓮自身がその一分を担うとされ、この面が強調される。
※日蓮遺文‐持妙法華問答鈔(1263)「本化の上行は大地より涌出して仏寿を久遠に顕す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本化の関連情報