コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本迹二門 ほんじゃくにもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本迹二門
ほんじゃくにもん

仏教用語。本門迹門のこと。本門とは (永遠の昔に悟りを開いた) 真の仏,すなわち本地を表わす面で,迹門とは本地の仏が衆生済度のために応現している面をさす。『法華経如来寿量品第十六を典拠として現れてきた思想である。特に天台宗日蓮宗,密教において,本迹二門は大いに論議されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほんじゃくにもん【本迹二門】

法華経二十八品の、前半の迹門と、後半の本門との総称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

本迹二門の関連キーワード本地垂迹説総称

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android