本多 錦吉郎(読み)ホンダ キンキチロウ

  • 本多 錦吉郎 (ほんだ きんきちろう)

20世紀日本人名事典の解説

明治・大正期の洋画家



生年
嘉永3年12月2日(1851年)

没年
大正10(1921)年5月26日

出生地
江戸・青山

別名
別号=江涯,契山

経歴
もと広島藩士。慶応3年藩命により英国人について英語を学び、明治3年藩校の英語教師となるが、まもなく辞す。5年工部省測量司見習生となるが病気のため広島に帰郷。7年洋画を志して上京国沢新九郎の画塾彰技堂に入り、のち塾頭となり、9年国沢没後彰技堂を引き継ぎ、主宰。22年明治美術会創立に参加。23年第3回内国勧業博で「羽衣天女図」が褒状を受ける。その後陸士、東京高師などで画学教官をつとめ、主に教育面で活躍し、後進を指導。門下生からは丸山晩霞小川芋銭など多くの画家を輩出した。晩年造園にも関心をもち、著述がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1850年12月2日
明治時代;大正時代の洋画家
1921年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本多 錦吉郎の関連情報