コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多利長 ほんだ としなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多利長 ほんだ-としなが

1635-1693* 江戸時代前期の大名。
寛永12年生まれ。本多忠利の子。正保(しょうほ)2年三河(愛知県)岡崎藩主本多家(定正系)4代となり,その直後遠江(とおとうみ)(静岡県)横須賀にうつされる。天和(てんな)2年藩政の不行き届きなどで領地没収となったが,父祖の忠勤により出羽(でわ)村山郡(山形県)に1万石をあたえられた。元禄(げんろく)5年12月16日死去。58歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

本多利長

没年:元禄5.12.16(1693.1.21)
生年:寛永12(1635)
江戸前期の大名。通称は石見,越前守。本多忠利と井上正就の娘の嫡男。妻は松平(大河内)正綱の娘。正保2(1645)年閏5月26日に家督を相続し,三河国岡崎藩主となる。同年6月27日遠江国横須賀5万石に転封したが,天和2(1682)年2月22日,不行跡と領内への悪政,前年の巡見使への対応不適切により城地を召し上げられる。ただし祖先の功労により新たに出羽村山1万石を与えられた。文武を学ぶが学問を鼻にかけ,勇を専らにするため領民にも辛い沙汰が多かった。村山転居ののちは民への哀憐の心も出るようになったといわれる。<参考文献>『本多越前守利長家之覚書』(『改定史籍集覧』)

(藤實久美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

本多利長の関連キーワード横須賀藩本多助芳

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android