本多忠憲(読み)ほんだ ただのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠憲 ほんだ-ただのり

1774-1823 江戸時代後期の故実家。
安永3年8月25日生まれ。本多忠永(ただなが)の7男。故実伊勢貞春に,俳諧を父にまなぶ。屋代弘賢(やしろ-ひろかた),小山田与清(ともきよ)らと交遊し「上覧乗馬の記」「兜之考」「差物考」などの軍陣故実の著作をおおくのこした。文政6年5月2日死去。50歳。江戸出身。字(あざな)は心水。通称は甲馬,靫負(ゆげい)。号は其香,華陽,回芳斎など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

本多忠憲

没年:文政6.5.2(1823.6.10)
生年:安永3.8.25(1774.9.30)
江戸後期の故実家。通称,甲馬,靫負。号は華陽,其香など。晩年剃髪して心水と称した。伊勢神戸藩(三重県)藩主本多忠永の子として江戸に生まれる。祖父は本多忠統。故実を伊勢貞春に学び屋代弘賢,小山田与清らと交遊を持ち,弘賢や与清の豊富な資料を利用して『上覧乗馬の記』『差物考』『兜之考』『本多木鎧考』『弓術流派』などの軍陣故実の著述を多く残した。<参考文献>高野純三「本多忠憲」(『伝記』10巻8号)

(白石良夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

本多忠憲 (ほんだただのり)

生年月日:1774年8月25日
江戸時代後期の故実家
1823年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android