コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多忠憲 ほんだ ただのり

2件 の用語解説(本多忠憲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠憲 ほんだ-ただのり

1774-1823 江戸時代後期の故実家。
安永3年8月25日生まれ。本多忠永(ただなが)の7男。故実を伊勢貞春に,俳諧を父にまなぶ。屋代弘賢(やしろ-ひろかた),小山田与清(ともきよ)らと交遊し「上覧乗馬の記」「兜之考」「差物考」などの軍陣故実の著作をおおくのこした。文政6年5月2日死去。50歳。江戸出身。字(あざな)は心水。通称は甲馬,靫負(ゆげい)。号は其香,華陽,回芳斎など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

本多忠憲

没年:文政6.5.2(1823.6.10)
生年:安永3.8.25(1774.9.30)
江戸後期の故実家。通称,甲馬,靫負。号は華陽,其香など。晩年剃髪して心水と称した。伊勢神戸藩(三重県)藩主本多忠永の子として江戸に生まれる。祖父は本多忠統。故実を伊勢貞春に学び屋代弘賢,小山田与清らと交遊を持ち,弘賢や与清の豊富な資料を利用して『上覧乗馬の記』『差物考』『兜之考』『本多木鎧考』『弓術流派』などの軍陣故実の著述を多く残した。<参考文献>高野純三「本多忠憲」(『伝記』10巻8号)

(白石良夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本多忠憲の関連キーワード畠山常操故実家新井静斎飯塚宗与伊藤三右衛門岩永梅石田中伝左衛門(6代)長隠(1)秦星塢春道梅員

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone