本多忠朝(読み)ほんだ ただとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠朝 ほんだ-ただとも

1582-1615 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)10年生まれ。本多忠勝の次男。19歳で関ケ原の戦いに従軍,その功で慶長6年父の旧領をあたえられ上総(かずさ)(千葉県)大多喜藩主本多家初代。5万石。慶長20年5月大坂夏の陣で戦死した。34歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本多忠朝の関連情報