コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本城 まつもとじょう

8件 の用語解説(松本城の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松本城
まつもとじょう

深志城ともいう。長野県松本市にある平城。永正1 (1504) 年小笠原氏の一族島立貞永が築城。以後城主はしばしば変ったが,天正 10 (82) 年小笠原貞慶が旧領を回復すると深志城を松本城と改名,城郭および城下町の普請をした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まつもと‐じょう〔‐ジャウ〕【松本城】

長野県松本市にある旧松本藩の城。永正元年(1504)小笠原氏の一族島立貞永が築城、深志城と称した。のち、松本城と改称。天正18年(1590)入城した石川数正が現存の天守閣を含む城を造り、その子康長がさらに整備して完成。天守閣は国宝

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

松本城【まつもとじょう】

松本市にある平城。1504年築かれた深志城に始まり,のち小笠原氏により拡張され松本城と改称,石川康長が整備。現存の天守は1597年造営のもので,5重6階の大天守を中心に乾(いぬい)の小天守,辰巳櫓(やぐら),月見櫓を設け,変化に富んだ形態と巧みな意匠で著名。
→関連項目松本[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

まつもとじょう【松本城】

長野県松本市に所在。この地は,もと小笠原氏の将坂西(ばんざい)氏の拠った地で,1504年(永正1)小笠原貞朝とその将島立右近貞永が坂西氏の旧址に城を築き,深志城と称した。一時武田氏の領するところとなったが,長篠の戦(1575)の後,小笠原貞慶が入城し松本城と改称,90年(天正18)に至って石川数正が入って8万石を領した。現在の松本城は数正とその子康長によって91年から慶長年間(1596‐1615)半ばまでに築かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まつもとじょう【松本城】

長野県松本市にある平城。1504年小笠原貞朝とその将島立氏が築城し、深志城と称した。長篠の戦いの後、松本城と改称。現城郭は石川氏により文禄・慶長年間(1592~1615)に築かれた。城主はたびたび交替し、1725年戸田氏がはいり明治に至る。国宝の天守が現存。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の城がわかる事典の解説

まつもとじょう【松本城】

長野県松本市にあった平城(ひらじろ)。国指定史跡。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。また、天守をはじめとする建造物が国宝に指定されている。松本城はもともと深志城と呼ばれていた。戦国時代の信濃国守護の小笠原氏(府中小笠原氏)の居城の林城の支城としてつくられたが、信濃に侵攻し小笠原氏を滅ぼした武田晴信(武田信玄)は、松本平経営の拠点として林城ではなく深志城を取り立て、林城を廃城として深志城を整備した。1582年(天正10)に武田氏が滅亡すると、徳川家康に臣従していた小笠原貞慶が旧領を回復して深志城に入城。このとき城名を松本城に改めた。しかし、1590年(天正18)の小田原北条氏滅亡後、家康の旧北条氏領の関東への国替えに伴い、貞慶は下総国古河(茨城県古河市)に移封となり、松本城には、家康の重臣から豊臣秀吉の家臣になった石川数正が入城した。現在残されているような天守をはじめとする城郭や城下町の整備を行ったのは数正とその子康長である。大天守の建造年については1591年(天正19)、1593年(文禄3)、1597年(慶長2)、1600~1601年(慶長5~6)、1615年(慶長20)説が提起され、現在のところ、決着はついていない。その後、城主の石川康長が1613年(慶長18)に大久保長安事件に連座して改易となった後、短期間だが小笠原氏が城主として復帰。さらに、1615年(元和1)の大坂夏の陣以降に松平康長、水野氏が城主をつとめたのち、再び松平康長が入城、以降、康長を始祖とする戸田松平氏が代々城主をつとめて明治維新を迎えた。この間、1727年(享保12)に本丸御殿が焼失、以後の代々の藩主は二の丸で執務をとったといわれる。また、廃城後の1872年(明治5)には天守が競売にかけられ解体の危機に陥ったが、地元有力者らに買い戻され難を逃れた。また、天守が傾くほど老朽化が進んだが、地元有志により「明治の大改修」が行われた。1930年(昭和5)には国の史跡に指定され、1936 年(昭和11)には天守・乾小天守・渡櫓(わたりやぐら)・辰巳附櫓・月見櫓の5棟が「国宝保存法」により国宝に指定された。さらに戦後の1952年(昭和27)には、これら5棟は「文化財保護法」によりあらためて国宝指定を受けて現存している。なお、松本城は、江戸時代以前の建造当時の姿をとどめている天守を持つ数少ない城の一つである。こうした城は、松本城を含め12城に過ぎない(正式には天守ではない櫓を持つ城を含めれば14城)。このほか、明治時代二の丸に筑摩県庁がおかれて、その後県庁舎は火災にあったが、この火災で類焼を免れた御金蔵が現存するほか、1999年(平成11)には太鼓門が復元された。また、大手門二の門、南門が市内に移築されて現存している。JR篠ノ井線大糸線、松本電鉄上高地線松本駅から徒歩約20分。JR大糸線北松本駅から徒歩約7分。◇烏城とも通称される。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

まつもとじょう【松本城】


長野県松本市丸の内にある城跡。別名、深志(ふかし)城。現存する12天守の中では唯一の平城。本丸・二の丸・三の丸はほぼ方形に整地され、外周に総堀をめぐらし、その内側に三の丸、その北寄り外堀の内側が二の丸、さらにその内側の東・南・西に内堀を掘って本丸を置く。三の丸南側の総堀のすぐ南に女鳥羽(めとば)川が総堀と並行して東から西へ流れ、二重の堀としての役割を果たしていた。本丸の西南隅には5重6階の国宝建築である天守があり、北面に乾(いぬい)小天守を渡り櫓(やぐら)で連結し、東面に辰巳附(たつみつけ)櫓・月見櫓を配している。初めは深志城と呼ばれ、甲斐の武田氏が信濃守護・小笠原氏を追放し、信濃支配の拠点としたことから重要性を増すこととなった。武田氏滅亡後、徳川氏の支援を得た小笠原氏が旧領を回復、松本城に改名した。1590年(天正18)、徳川家の関東移封が行われ、小笠原秀政が下総古河(しもうさこが)に移ると、代わりに石川数正が入城、石川数正とその子康長が改築を行い、慶長年間(1596~1615年)に天守をはじめとする城がほぼ完成した。関ヶ原の戦い後は、小笠原・戸田・松平・堀田・水野・戸田氏とめまぐるしく藩主が交代し、明治維新を迎える。戦国時代から幕末まで継続して使われた信州を代表する近世城郭であることから、1930年(昭和5)に国の史跡に指定された。現在では黒門、太鼓門などが復元され、周辺は松本城公園として整備されている。JR篠ノ井線ほか松本駅から徒歩約20分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松本城
まつもとじょう

戦国期~江戸期の城。長野県松本市丸の内にある。1504年(永正1)信濃(しなの)守護小笠原(おがさわら)氏の一族である島立貞永(しまだてさだなが)が室町期の坂西(さかにし)氏の館跡に城を築き、深志(ふかし)城と称したのが初めといわれている。1550年(天文19)には武田信玄(しんげん)がこの城を奪い城代を置いている。のち1582年(天正10)小笠原貞慶(さだよし)が旧領を回復し城を拡張して松本城と称した。90年に石川数正(かずまさ)が入城し、さっそく大規模な改築に着手したが、数正はまもなく死に、子の康長(やすなが)のとき、現存の五層六階の天守閣が完成している。1597年(慶長2)ごろには城もほとんどできあがった。1613年小笠原秀政(ひでまさ)が入り、そのあと戸田氏2代、松平直政(なおまさ)、堀田正盛(まさもり)、水野氏6代と城主はめまぐるしくかわったが、1726年(享保11)戸田光慈(みつちか)が6万石で入封してからは幕末まで世襲した。城は松本盆地にある平城(ひらじろ)で、本丸の東・南・西の三方を二の丸が囲み、さらにこの両曲輪(くるわ)を包んで三の丸が巡っていた。天守閣は大天守を中心に北に渡り櫓(やぐら)で乾(いぬい)小天守と結び、南東隅に巽(たつみ)付櫓と月見櫓を付属した連結複合式とよばれるものである。ことに天守閣に直結して月見櫓が付属している例はほかにない形式とされている。天守閣は1950年(昭和25)から5年の歳月をかけて解体修理が行われ、城地は公園となっている。
 松本城の天守閣は国宝に指定されており、現存の天守閣のなかでは、犬山城天守閣、丸岡城天守閣に次ぐ3番目の古さをもっている。このことは、天守閣の外面からも明らかで、板壁を黒塗りにし、土壁が白漆食(しっくい)、しかも壁面のほぼ10分の7が下見板張りで、全体が黒い感じとなっている。松本城の通称烏(からす)城の名はこのことによる。天守閣の高さは29.4メートル。五層六階で、1階の四隅には石落しが設けられている。なお、月見櫓は文字どおり月を観賞するときなどに用いられたもので、東・北・南の三方が開放され、回縁(まわりえん)があり、その手摺(てす)りは朱漆塗りとなっている。実戦用と生活用の両方を兼ね備えた構造となっている点はとくに注目されるところである。城は低湿地に築かれていたため、すでに江戸時代より北に傾きをみせていたが、1686年(貞享3)の嘉助(かすけ)騒動のとき、一揆(いっき)の首謀者として磔(はりつけ)にかけられた嘉助が城をにらんだため天守が急に傾いたとの伝説を生んだ。[小和田哲男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松本城の関連キーワード長野県松本市県長野県松本市旭長野県松本市蟻ケ崎長野県松本市桐長野県松本市中央長野県松本市中山長野県松本市波田長野県松本市平田西長野県松本市洞長野県松本市和田

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松本城の関連情報