コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多忠純 ほんだ ただずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠純 ほんだ-ただずみ

1586-1632* 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)14年生まれ。本多正信の3男。徳川家康につかえ,慶長10年下野(しもつけ)(栃木県)榎本(えのもと)藩主となる。大坂夏の陣で活躍し,その功により1万8000石を加増され元和(げんな)元年下野皆川藩主本多家初代。2万8000石。気性があらく,寛永8年12月13日家臣にころされた。46歳。通称は大学。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

本多忠純の関連キーワード本多政遂天正

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android