コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多忠鄰 ほんだ ただちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多忠鄰 ほんだ-ただちか

1811-1874 江戸後期-明治時代の大名。
文化8年生まれ。本多忠居(ただおき)の子。兄忠敬(ただたか)の隠居後,天保(てんぽう)5年播磨(はりま)(兵庫県)山崎藩主本多家8代となる。片桐内蔵治(宜定(よしさだ))を家老に登用し財政再建につとめる。異国船渡来出陣備えをつくり,また第1次幕長戦争に出陣。明治7年1月12日死去。64歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本多忠鄰の関連キーワード坂東彦三郎(3代)古史伝エレキテル朝鮮通信使日本幽囚記島義勇小野梓サイゴン条約ハーディ岩崎弥太郎

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone